外壁塗装の方法と塗料の種類について。

外壁塗装の方法と塗料の種類について。

外壁塗装の方法と塗料の種類について。

内側や外側から発せられる音をとめたりする役割があったり、有害な紫外線や酸性雨から家を守り長持ちさせる機能を持っているのが外壁塗装です。
外壁塗装の役割には家を守り長持ちさせるという以外にも、家の外観を整えるという役割もあります。
一般的な外壁塗装の工程としては高圧洗浄機による水洗いをした後に乾燥させて、デザインに合わせて必要な箇所をビニールで覆い塗料の付着を防ぎます。
その後にシーラー及びサーフフィラー系統の下地強化剤を下塗りしてから、必要に応じて中塗りや仕上げ塗りで外壁塗装の作業が完了します。
外壁塗装に使用される塗料の種類にはいくつかあり、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素などのタイプを使用します。
塗装方法としては新築で塗装を行う場合、吹き付けと呼ばれる手法で塗装を施します。
リフォームで塗装を行う場合にはローラー等の器具を使用して塗装を施します。
また、外壁塗装に適していない素材があることから塗装を行う際には注意が必要です。
塗装の時期の目安としては、新築で塗装を施してから10年前後にリフォームを行うのが一般的です。
外壁塗装の塗り直しを行う場合については、以前に塗装を行った際に使った塗料のグレード及び耐久性によって多少の前後があります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ