外壁塗装についてのご紹介

外壁塗装についてのご紹介

外壁塗装についてのご紹介

建物の外壁を紫外線や雨や汚れなどから守るために外壁塗装を施しますが、塗装工事の工程の流れについて、どうのようにおこなっていくのか少しご紹介していきたいと思います。
一般的に普及している外壁材としては、外壁の種類が金属系を含むサイディング、モルタル、板張りなど分類されておりますので、外壁塗装をする場合には多少の違いが出てくると言われておりますが、基本的には大きな違いはないとされております。塗装工事をする前には、まず工事の質を維持するためにもスムーズにおこなっていくためにも足場の設置をすることから始まります。
次に、外壁塗装が劣化している箇所をチェックして除去していき、クラック部分にシーリング剤や樹脂モルタルなどで補修をする工程である下地調査がおこなわれます。
工事をしていると塗料が飛散してしまう可能性がありますので、足場周りにはメッシュシートなどを設置や窓のマスキングを済ませます。敷地内にその他車や植木などがある場合には、それぞれ飛散してしまわないようにビニールカバーをかぶせていきます。
そして、実際に外壁塗装おこなっていきますが、塗りムラや塗り忘れなどがないように何度も点検をすることが重要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ