外壁塗装の重要性を確認するサイト

外壁塗装の重要性を確認するサイト

外壁塗装についてのご紹介

外壁塗装は、紫外線や酸性雨などの有害な外的ダメージから住宅を守るために、また外壁に汚れなどが付きにくくするために施されております。
この外壁塗料には、一般的に使用されているような塗料とは少し異なる、付加的な機能を持ったタイプもありますので少しご紹介していきたいと思います。
光触媒塗料と呼ばれているものを使用すると、太陽の光や雨水の力などによって外壁の汚れが落ちやすくなり、原料として用いられている酸化チタンが紫外線によって汚れを分解するようになるという特徴があります。ナノテク塗料とは、最新のナノテクノロジー技術を用いて、塗料に含まれている樹脂量を最小限にしたタイプです。
外壁に塗装をすると防汚効果によって塗膜に汚れなどが付着しにくく、親水性があるので雨が降ることによって汚れが流れていくという特徴があります。
その他にもナノテク塗料には、難熱性、耐候性などがあり、一般的に使用されているような塗料に比べると費用は高くなってきてしまいますが、耐久性や塗装後の美観は一般的な塗料に比べて長持ちさせることができるとされております。ま
た即乾性があるため工事などを比較的短い期間で終わらせることができるようです。

外壁塗装がもたらす効果

ここ最近は、夏は猛暑が続き、冬は強い寒波に見舞われるなど、夏と冬で寒暖の差も激しくなってきています。
しばらく前までは、夏は暑くとも冬は暖かい日が続いていました。
そのため、夏はクーラーなどを使用して電気代が高くなることもありましたが、冬場は暖かいのでそれほど暖房費が掛からないと言う状況でした。
しかしながら、ここ最近の気候の変化は冬の寒さを強調し、冬の暖房費も高くなってきていて、夏場だけではなく冬場の電力消費量も上がってきています。
家庭によっては夏と冬に電気代が大きくなり、家計の負担となるケースも増加しています。こうした状況において、光熱費を節約するために有効な手段があります。
それは、外壁塗装を施すことです。
外壁塗装というと、自宅の外の壁のペンキが落ちてきたときなどに、綺麗に塗りなおすために行われるといったイメージがありますが、近年の外壁塗装は、壁を綺麗に塗り直す事によって、住宅内部の密閉性を高める効果を得ることが出来ます。
塗料の進化によってもたらされた恩恵は、エアコンやヒーターなど冷却効果や温熱効果を高め、短時間で室内の温度を変えることが出来ます。
そのため、光熱費は結果的に大きく削減することが出来ます。

外壁塗装のメンテナンスについて

住宅をはじめとする不動産は、どうしても経年劣化がおきてしまいます。
経年劣化とは、風や雨などにさらされてどんどんと弱っていくことをさします。
また、住宅の内部の壁なども使用するにつれて劣化していくのが普通です。
ですから、外壁塗装などのメンテナンスをおこなう必要があります。
住宅などであれば壊れない程度のメンテナンスを行うことで十分なのですが、たとえば貸店舗などのテナントビルの場合、外壁の見た目もテナント誘致の実績に大きく関わってきます。
つまり、テナントの候補者がビルの外壁を見て、汚いと判断してしまえばテナントとして入居してくれないかもしれません。
また、客商売としてお店を開いていたりすると壁が汚いとお客さんが入店を躊躇しかねません。このようなことからもわかるように外壁のメンテナンスというものはとても重要になってくるのです。
ですが、外壁塗装を自分で行うことはなかなか困難です。
それがビルや建物などであれば自分の手で届く範囲以上の高さにおいて塗装を行う必要があるのです。
ですから、外壁塗装をしたいと考えている場合には迷わず専門業者に依頼するようにしてください。
まずは専門業者を見つけて見積もりをとってみることから始めてください。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ